トレーダーの皆さん、今週はスイング・ショートのセットアップを検討する可能性がある。

本日は、2024年5月から6月にかけて観察された最近のブレイクアウトとリトレースメントのセットアップに焦点を当て、ポンド/円ペアの詳細な分析に入ります。 このガイドでは、サポートゾーンとレジスタンスゾーンを含む主要なテクニカルレベルを分解し、注釈付きチャートを使用して潜在的な取引戦略を強調します。 トレーディング初心者でも経験豊富なトレーダーでも、このステップ・バイ・ステップの内訳を見れば、実用的な洞察が得られるだろう。

月足チャート分析:主要フィボナッチ・レベル

月足チャートでは、2007年3月の高値から2011年10月の安値までのフィボナッチ・リトレースメント・レベルを確認することができる。 これは、価格が反応しそうな重要なレベルを特定するのに役立つ。

主な見解

  • 61.8%リトレースメント・レベル199.47付近
  • 現在の価格水準リトレースメント61.8%の水準を試す
  • サポート水準:177.50(50%水準)、160.45(38.2%水準)

61.8%水準は、しばしば “黄金比率 “と呼ばれる重要な抵抗ポイントである。 この水準を上回れば、225.00付近の次のレジスタンスに狙いを定め、さらに強気な勢いが増す可能性がある。 逆に、拒否されれば、50%または38.2%の水準に向かってリトレースメントする可能性がある。

要因1-週足チャート 価格が主要な618リトレースメント・レベルにあり、過去2週間失速しているようだ。 以前の価格構造は2008年3月頃の抵抗だった(!)。 もっと細かい時間枠を掘り下げてみよう。

ポンド円 週足 618レベル

週足チャート分析:ハンギング・マン・ローソク足パターン

次に週足チャート(画像1)に目を移すと、2024年5月最終週前後に顕著なローソク足パターンが形成されている。 このパターンは通常、上昇トレンドから下降トレンドへの反転の可能性を示唆するもので、特に上昇相場の頂点に現れる場合に顕著です。

要因2- 週足チャートのハンギング・マン・パターン

GBPJPY Hanging Man ローソク足チャート・パターン

主な見解

  • 結成日2024年5月下旬
  • 価格レベル199.00ドル前後
  • テクニカルな意義長い下降ウィックは売り圧力を示し、弱気反転につながる可能性がある。

このセットアップを確認するには、その後の弱気ローソク足が吊り男の安値を下回るのを探す。 トレーダーは、ストップロス注文を吊り人の高値(199.50付近)のすぐ上に置き、利食い可能エリアとして下値支持線レベルを狙うことができる。

壊れた価格構造サポート

ここで、4時間足チャートにドリルダウンしてみると、価格構造のサポートが明確に破られ(そして青枠を下回る終値)、強気から弱気へのセンチメントの転換の可能性を示していることがわかる。

要因3– 価格構造のサポートが崩れ、高値と安値が切り下がる。

GBPJPYブロークン・サポート構造

また、価格は199.70付近の小さなダブルトップ形成まで後退し、レジスタンスゾーンを再テストしている。

要因4 – ダブルトップ/抵抗帯の再テスト

GBPJPY H4 ダブルトップとレジスタンスゾーン

このシナリオでは、短いセットアップで考慮すべき4つの合流要因がある。

  • 週足618リトレースメント・ゾーンと前回の価格構造レジスタンス・ゾーン
  • 週刊吊り男のパターン
  • H4 高値と安値を更新し、サポート構造が崩れる
  • H4ダブルトップ – 抵抗帯の再テスト

ポンド/円の空売り取引セットアップ

最後に、トレードのエントリー・レベルを詳細に記した注釈付きチャートを見てみよう。 このチャートは、トレーダーがショート・ポジションをエントリーし、取引を管理し、損切り注文を設定することができる主要なエリアを強調している。

GBPJPY ショート・トレード・セットアップ H4

主な見解

  • エントリー価格:199.560(グリーンライン)
  • 損切り:200.540(赤線)
  • テイクプロフィット:196.982(ブルーライン)

取引戦略:

  1. エントリーポイント
    • 199.560付近でショートポジションを開始
  2. ストップ・ロス
    • 直近の高値200.540のすぐ上にストップを置き、損失の可能性を抑える。
  3. テイクプロフィット・ターゲット
    • 196.982に設定し、青い線で示された次の主要サポートレベルを目指す。

リスク・ツー・リワード1:2.63

このトレードを管理する最善の方法

ショートポジションを199.560でエントリーしたら、取引を効果的に管理する計画を立てることが重要だ。 ここで、このトレードをナビゲートするためのヒントをいくつか紹介しよう:

  1. 初期設定:
    • エントリー199.560
    • 損切り:200.540
    • テイクプロフィット:196.982
  2. ストップ・ロスをトレイルする:
    • 取引が有利に進むにつれて利益を確定するために、ストップロスをトレールすることを検討する。 例えば、価格が198.500まで下落した場合、ストップロスをエントリー価格(例えば199.300)よりブレイクイーブンまたは少し下に移動させることができます。 これにより、ある程度の利益を確保しながらリスクを最小限に抑えることができる。
  3. 部分的な利益確定:
    • もう一つの戦略は、主要なサポート・レベルで部分的に利食いすることだ。 価格が198.500に達した場合、ポジションの半分を決済し、残りの部分を最終利益目標196.982まで走らせることができる。
  4. プライスアクションを監視する:
    • 支持線付近での重要な値動きに注意しよう。 利食いゾーン付近で強い強気の反転パターンに気づいたら、取引を早めに決済して利益を確保するのが賢明かもしれない。
  5. 市場の状況に応じて調整する:
    • 市場環境の変化に応じて、柔軟に戦略を調整できるようにしておくこと。 重大なニュースや予想外の変動が発生した場合は、損切りと利食いの水準を見直す必要があるかもしれない。
  6. 規律を守る:
    • 取引計画に忠実で、感情に基づく衝動的な決断は避ける。 トレーディングを成功させるには、一貫性と規律が鍵となる。

概要

明確なプラン、トレーリングストップ、部分的な利益確定戦略で取引を管理することで、リスクを最小限に抑えながら利益を最大化することができます。 常に市場の状況に注意を払い、必要に応じて計画を調整する。 効果的な取引管理は、最初のセットアップと同じくらい重要であることを忘れないでください。

トレードに幸あれ!

乾杯

This post is also available in: English Deutsch Norsk bokmål Svenska 简体中文 繁體中文 Dansk Nederlands 한국어 Suomi Français Español

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です